朝起きて腰が痛いのはなぜか?

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」について
おとどけしております。

 

是非!多くの方に実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという
熱い気持ちで配信してまいります。


先日、調布市にある
佐須町ふれあい家で
「健康体操~さあ!今からはじめる介護予防~」が
行われましました。

 

当日参加いただいた方からの質問で

「朝起きると腰が痛いのはなぜか?」
との質問をいただきました。

 

目次

朝起きて腰が痛い理由

 

 

朝起きて腰が痛む理由は
大きく分けて3つあります。

 

まず1つめは


寝る体勢。

皆さんは寝る時
どのような体勢で眠っていますか?

仰向け、横向き、うつぶせ、、、

人それぞれ身体状況によって
一概にはいえませんが


一般的に
仰向けで寝ることは腰に負担がかかります。
うつぶせで寝ることも腰に負担がかかります。

となると、、、

 

横向きが比較的腰に負担が少ないと
考えられます。


2つめは


冷えが原因での腰痛。

冷えは万病の元ともいわれ
腰痛にとっても大敵になります。

冷えの予防のためにも1日の終わりに
ゆっくりお風呂に入ることが重要に
なります。(半身浴でも可)

 

そして3つめは

 

寝返りをしないこと。


こどもは寝返りをいっぱいしています。

朝起きたら頭が逆の方向を向いていることも

よくある話です。

 

座っている時と同様で

人間、同じ姿勢でいることは身体への負担が

大きくなります。

 

ではどうしたらよいのか?

 

睡眠中に意識して寝返りをうつことは至難の業に

なりますので

 

寝る直前に簡単なストレッチをすることを

おススメいたします。

 

注意が必要なのが

息があがるほどの激しい運動は

交感神経が優位に働き睡眠を妨げてしまうので

あくまでもリラックスできる程度の

ストレッチにしてください。

 

ストレッチの内容は次回おとどけいたしますね!

 


今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP   https://senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp

健康体操のお知らせ

こんにちは。

 

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

 

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」についておとどけしております。

 

本日は告知させていただきます。

 

5月22日(水)と29日(水)に

調布市佐須町のふれあいの家にて行われる。

 

「健康体操

~さあ!今こそはじめる介護予防~」について告知させていただきます。

 


f:id:taro529:20190515133846j:image

本日の新聞折り込みにも入れさせて

いただきまして早くも予約のお電話を

いただいております。

 

皆さんの参加を心よりお待ちしております!

 

健康体操の主な内容は

①元気な高齢者の習慣術

②疲れない姿勢作り

③認知症は予防できる

 

これらの内容をおとどけする予定です。(当日の参加者の希望により内容変更することあり)

 

 

参加を希望される方は下記のメールアドレスもしくは電話連絡ください。

 

 

介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP   senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、健康体操のお申し込みはこちらから↓
taro529@hotmail.co.jp

090-3019-2791

 

#調布市

#介護予防

#健康体操

最後までトイレは自分で

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

 

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」についておとどけしております。

 

是非!多くの方に実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという
熱い気持ちで配信してまいります。


今日は老後の介護不安の悩みの一つとして
あげられる「排泄動作」について
おとどけいたします。

 

目次

 

トイレは一人で


トイレは本来一人で行うものであり


「人には見られたくない」
「人の世話になりたくない」

 

といった思いの方は多くいらっしゃることと思います。

特に排便でお尻を他者に拭いてもらうことに対しての
抵抗を感じる方も多い。


最近では一人暮らしの高齢者も多くなってきていますが
一人暮らしができなくなる基準としても
「一人で排泄が出来なくなる」ということが
ターニングポイントになると思います。


私の祖母は現在90代で北海道で一人暮らしをしていますが
数年前に帰省したときに印象的な出来事がありました。

何ら問題なく日常生活を過ごしていると思いきや
祖母が何気なくトイレからでてきたときに
ズボンが上がりきらずに半分お尻が見えていたのです。

その時は体調が思わしくなかったようですが

 

祖母は恥ずかしそうに

「手が後ろにまわらなくてね、、」
と言っていました。

 

腕が後ろにまわらなくなると

ズボンやパンツを上げることができなくなり

お尻を拭くという動作も困難になります。


--------------------

 

介護予防チェック(排泄動作)

 

さて!

読者の皆さんも
簡単セルフチェックをしてみましょう。


その場で座っている姿勢で
1 手の平で首の後ろをタッチできますか?(左右交互に)
2 手の平で腰をタッチできますか?(左右交互に)


どうでしたか?

 

この動作が困難になってくると

排泄時のズボンやパンツの着脱に介助が

必要になります。

 

もし、このセルフチェックで
「なんとなく動きにくい、、」といった方は
この動作を日常で意識して行うようにしてみてくださいね。

 

 

今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP   https://senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp

脳卒中の警告サイン

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」についておとどけしております。

 

是非!多くの方に実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという熱い気持ちで配信してまいります。


前回のメルマガでは
日本脳卒中協会が推奨している
脳梗塞の警告サイン3つの「へん」について
お伝えしました。

 

1 口がへん
2 言葉がへん
3 手がへん

この3つの「へん」な症状が突然にあらわれたら
すぐに救急車を呼んで病院に行く必要があります。


まずは

「口がへん」

口をイー!としたときに片方の口角が
上がらない状態。


「言葉がへん」

ろれつがまわらない。
言葉を発するのが困難な状態。

 

「手がへん」

手に力が入らなかったり
片方の腕が上がらない状態。


いかがでしょうか?

このような
「なんかへんだな~」と感じた場合は
すぐに救急車を呼んでください。


ユーチューブで脳卒中の警告サインについて
非常にわかりやすくまとめられた
動画がありましたので添付いたします。

「愛する人を救うために~脳卒中になったとき~」
https://youtu.be/N7tvkHTa8_4

 

今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP  https://senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp

 

 

#調布市

#介護予防

#パーソナルトレーニング

 

脳梗塞の警告サイン

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」について
おとどけしております。

是非!多くの方に実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという
熱い気持ちで配信してまいります。


いよいよ令和がスタートいたしましたね!

 

ますます元気な高齢者になる習慣術を
活用していただきたいと思います。

 

今日は介護が必要になる要因として最も多い
認知症に次いで2番目に多い脳卒中についての
お話しです。

 

これは必ず知っておく必要がある知識です
ので繰り返し読んでいただきたいと
思います。

 

まずは脳卒中についてですが
脳の血管がつまる「脳梗塞」と
脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」が
あります。

ここで大事になるのが

警告サインに気がつけるか?
ということです。


早い段階で警告サインに気がつくことができれば
症状も最小限で抑えられて数週間のリハビリで
日常生活を不便なく過ごすことが可能ですが


「なんか、おかしいな~」
「ちょっと寝て様子みよう」
といった感じで警告サインに気がつくことが
できなければ。

 

自分自身で意思表示が出来ない寝たきり状態
もしくは死をまねく危険性が高まります。


そこで!
是非知っといていただきたいのが

日本脳卒中協会が推奨している
脳梗塞の症状の3つの「へん」です。


1 口がへん
2 言葉がへん
3 手がへん

この3つの「へん」な症状が突然にあらわれたら
脳梗塞のサインなのですぐに救急車を呼んで
病院に行く必要があります。

この3つの「へん」については
また、次回のブログで配信してまいります。


自分自身と家族の身の安全守るために
必要な知識となります。

 

今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP   https://senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp

 

#調布市

#介護予防

#健康体操

今日から出来る認知症予防

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

 

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための秘訣」について
おとどけしております。

 

是非!あなたに実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという熱い気持ちで配信してまいります。

 

今日は認知症予防について
是非知っていただきたいお話しです。

私の現場実践の経験上
認知症は予防できると確信しております。

 

まず、認知症になりやすい
生活習慣としてあげられることが

 

ストレス

ストレスは認知症に限らず様々な病気の
要因となりますので
過度なストレスが継続する場合は
改善が必要です。

 

そして
もう一つあげられるのが

 

孤独な生活

人の関わりがなく
引きこもり老人に認知症が多いのは

この孤独が要因の一つになります。


さて!

今日から
すぐ始められる認知症予防の方法を
お伝えします。


それは

ごはんを

「よく噛む」

ということです。

 

えっ?それだけ?
と思うかもしれませんが

これを出来ている方って意外と少ないんですね。

 

そもそも人間の噛むという動作は
脳の血流を多くする働きがあり

一回噛むごとに
なんと、、、

3.5mlもの血液が脳におくられます!

「よく噛む」

ちょっとした心がけで
脳におくられる血液の量が変わるとは
ビックリですよね。


また

よく噛むことは

消化・吸収を助ける働き
口のまわりの筋肉が鍛えられ小顔効果
誤嚥性肺炎の予防

一石二鳥じゃ
収まりきれないほどの
良いことずくめですので

是非是非

元気な高齢者になるための習慣に
取り入れましょう(^_^)

 


今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP   senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp

 

 

♯介護予防

♯調布市

♯パーソナルトレーニング

元気な高齢者は○○○を食べている

こんにちは。

介護福祉士×パーソナルトレーナーの
吉村太朗です!

 

このブログでは私が現場実践で培った

「元気な高齢者になるための習慣術」について
おとどけしております。

 

是非!あなたにも実践していただき
安心した老後生活を過ごしていただきたいという
熱い気持ちで配信してまいります。



元気な高齢者は○○○を食べている


何を食べていると思います?

肉?魚?野菜?

よくテレビや新聞の情報では

「元気な高齢者は肉を食べる」なんて情報が多く報じられて
おりますが、果たして本当なのか?


私が今までお会いした数百人の元気な高齢者のデーターでは

 

「必ずしもそうとは限らない」


ということが私の答えになります。


なぜなら

 

元気な高齢者の中には
極端に偏食の方もいるんですよね。

「私は肉しか食べません」
「私は肉ダメなんです、、魚しか食べません」
「揚げ物が大好きでね~」
といった強者もいらっしゃいます。

それでもって大きな病気をしたことがない。


かたや
毎日、健康のサプリメントを摂取していてオーガニックの
食品にこだわっていても病気を患う方もいらっしゃいます。

 

結論なにが大事なのか。


私個人の意見としては


「元気な高齢者は好きな物を食べている」


ということです。


そして、前のメルマガでもお伝えしました

「一日三食 腹八分目」
これに限ります。


満腹になると白血球の働きが減少して
免疫力が下がり様々な病気の要因となります!


これだけ気を付けていれば大丈夫です!

 

「さて、こんばんは何を食べますか?」

 


今日もステキな一日を過ごしてください(^_^)

 


介護福祉士×パーソナルトレーナー
吉村 太朗

FB   https://www.facebook.com/taro.training

HP    senior-life-coach.jimdo.com


パーソナルトレーニング、介護予防についての
質問はこちらへ↓
taro529@hotmail.co.jp

 

 

#調布市

#パーソナルトレーニング

#介護予防

#高齢者体操