元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

日常生活の心がけで元気なカラダ作り

オリンピック盛り上がっております!

小平選手!金メダルおめでとうございます!

 

獣発言が賛否両論のようですが
そんなことを話題にするよりも
もっとオリンピック選手の努力や頑張りを報道してほしいものです。

 

 

今日も元気な高齢者になるための秘訣について書きます


日常生活のちょっとした心がけで元気なカラダ作りが出来ます。

いつも通りの生活にちょっとしたスパイスを加えるだけで日常生活動作の自立のための訓練が可能になります。
それも、お金をかけずに今すぐできる方法です。

 

座るときに椅子の座面スレスレで8秒間止めます。
その際には股関節を動かす意識を忘れずに!(呼吸は自然に)

f:id:taro529:20170228124910j:plain

高齢になってくると椅子に座る際に
ドン!と勢いよく座る方がいらっしゃいますが
老化が進んでいる黄色信号です。

 

車いす生活の高齢者が一人で排泄をしている!?
最初に見たときはびっくりしました。

介護施設で働いていてのことです。
車いす高齢者の方へトイレのお手伝いをしようとすると「大丈夫だよー」とおっしゃるので見守りしていると
なんら問題なく、ご自身でズボン、パンツを下ろしているではないですか。

椅子の座面スレスレでしっかり止まり身体をコントロールできているからです。

 

また、この訓練の積み重ねで次にあげる日常生活動作が何歳になっても自立して行えるようになります。

①立ち上がる
②歩く
③排泄動作

日常生活において
立つ
座る
という動作は思っている以上にやっているものです。

その日常生活動作に運動を組み込めるなんて、こんな嬉しいことはありません。

 

何歳になっても元気なカラダを維持して素敵な老後ライフをおくりましょう!

「座る」という動作をするときには

座面スレスレで8秒とめる!

是非、明日からではなく今からはじめてください。

 

 

シニアライフコーチ  吉村 太朗

http://senior-life-coach.jimdo.com

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

 

 

「こうなりたい」と思うだけでは、願いはかなわない

 

理想なき者に計画なし

計画なし者に実行なし

実行なき者に成功なし

 

吉田松陰の有名な言葉です。

 

 

松下村塾を開いて間もない頃に、松陰は弟子達に「豊臣秀吉はなぜ天下人になれたと思う」と尋ねました。

弟子達の大半は「それは信長に仕え、手柄を立てることで、とんとん拍子に出世を果たしていったからです」と答えました。

すると松陰は、彼らにこう言いました。

 

「秀吉には足軽の頃から、一国一城の主になりたいという理想があった。その理想を実現するには、理想への計画を立てる必要がある。計画を立てれば、信長に取り立てられるために、当面、やるべきことが明確になる。それを一つ一つ実行に移していったからこそ、一国一城の主になれ、最終的に天下人になることがてまきたのだよ」

(心に刻みたい賢人の言葉 植西 聡)より引用

心に刻みたい賢人の言葉

 

元気な高齢者になる秘訣としても、この言葉が非常に大事かと思います。

 

「もう歳だから、どうにでもなれー」ではなく。

計画と実行が必要ですね。

 

 

シニアライフコーチ 吉村太朗

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

 

 

 

天候による身体の痛み

「寒いから膝が痛い」「寒いから腰が痛い」「この天候だから頭痛が」

 

何かと身体の不調の理由を天候のせいにはしていませんか?

 

誰が言ったかわかりませんが、、、嘘です。

 

そもそも、そうゆう思考だから痛くなるのです。

 

固定概念とは怖いもので

私自身も以前、職場で「雨だと頭痛が、、」という発言をする

職員の声を何度か聞いているうちに、そうなのかな?と

思うようになり、、、

いつしか自分自身も

雨が降ると頭痛になっていることにびっくりした経験があります。

 

天候によって身体が不調にならないためには

まずは天候と身体の不調は関係ないと思うことから。

そして下記の二つを行動することです!

 

①寒ければ程よく身体を動かして体温をあげて血流を促進してあげる。

②天候が悪く気分が乗らなければ、深呼吸。

 

寒いと身体は縮こまり血流も悪くなります。そんな時ほど、しっかり

ストレッチをしたり身体を動かしましょう。

また、天候が悪くて気分が乗らないと無意識に呼吸が浅くなる傾向があります。

「畑の作物が育つためにも雨は必要!」

そのような発想をもちつつ

気持ちよく深呼吸をしましょう!

 

 

シニアライフコーチ  吉村 太朗

 

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

http://senior-life-coach.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

100歳になったその時

 

今当たり前のように行っている日常動作が

自分で出来なくなる日がくるのか。

 

f:id:taro529:20180131232459j:plain

 

 

100歳になったその時にどのように

過ごしているか。

 

「そんなに生きてないから大丈夫」

 

そう思っている方は多いかと思いますが

日に日に平均寿命が長くなっていることが

現状です。

 

「100歳になったその時」の自分を想像してみると、、、、

 

今どのように生きるべきかのきっかけになるかと思います。

 

 

シニアライフコーチ  吉村 太朗

http://senior-life-coach.jimdo.com

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

 

 

 

 

 

 

腰割で元気なカラダ作り

大相撲も終わりあっという間の

1月でした。

初場所の幕内優勝はジョージア出身の

「栃ノ心」

平幕力士の優勝はなんとも新鮮です!

 

ちなみにヨーロッパ出身の力士でも

金髪の力士が見当たらないのは何故でしょう?

 

黒く染めている?なんて声もありますが。

 

実は染めている訳ではなく、力士がまげを結う時に使う「鬢付け油(馬油)」が影響して髪の毛の色が黒くなるそうです。

 

さて今日は力士の稽古の「腰割」について書きます。

 

力士の四股をふむときの姿勢です。


f:id:taro529:20180130232533j:image

 

写真は大横綱千代の富士!!!

 

股関節が固くなり動きにくい状態になると腰痛だったり怪我の原因になります。

特に高齢者は股関節が固い方が多いようですので普段から股関節のストレッチが必要です。

 

 

野球界だとイチロー選手もよくやってますね


f:id:taro529:20180130232901j:image

 

やり方は

なるべく広く足を広げて腰を下ろす。

単純な動きのようにみえますが、しっかり股関節を意識してこの動きをしてみましょう!

 

最近だと和式トイレもなくなり、このような股関節の動きをすることが少なくなってきたことが腰痛が多くなってきた一つの原因ともいわれております。

 

さぁ皆さんも「腰割」やってみましょう!

 

シニアライフコーチ

吉村太朗

 

 

 

 

 

 

 

元気な高齢者の言語習慣

東京オリンピックまであと何年でしょう?。

 

こんな質問を高齢者に問いかけると、、、、

 

「あと2年!」「2020年!」との答えに時の流れの早さを

感じます。

まだまだ先かと思っているとすぐですね。

 

 

 

今日は、元気な高齢者の言語習慣についてがテーマです。

ちょっとした意識の変化でこれからの100年時代に向けて元気であり続けるための

事前準備をすることができます。

 

元気に年をとる高齢者と
そうでない高齢者の圧倒的な違いとは?

 

もちろん普段からの運動習慣は重要となりますが

ただやみくもに運動するよりも最も効果があるのが

普段の使う言葉です。

実際に高齢者の方と接して会話する中で
介護度が軽度化される方と重度化する方で
普段使う言葉に大きな違いを感じたからです。

 

高齢者の言語習慣でよくあるパターンが
「もう歳だから」「どうせ、やったって」「無理無理」
「でも、だって」「疲れるから」「痛い」「だるい」
などなど

ネガティブな発言と出来ない理由が多くなりがちです。

老人性のうつ病が原因だったり本当になんらかの原因で疲れや痛みに日々悩まれている方もいらっしゃると思いますが、そのような発言が多くなればなるほど

悪循環にはまり、その言葉は現実のままとなります。

 

言葉は生きているという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その通りです。

 

何歳になっても元気な高齢者は
日常生活動作が困難になってきた時には

「どうしたらいいものかねー?」「どこの筋肉をつけたらいいですか?」「なにが原因かな?」と

常に「どうしたらいいか?」という言葉で問題解決に努めています。

そして、どうやっても無理なことに関しては
「仕方ないね!」とあきらめもキッパリしています!(^^)/

 

日常生活の言語習慣を意識することによって
ココロもカラダも元気な高齢者になることができます。

まずはポジティブな言葉がけを心がけるために

 

「どうしたらいいか?」を考えて発言しましょう!

 

下記のホームページのお問合せフォームからでも皆さんの

「どうしたらいいか?」の質問をお待ちしております!

 

 

シニアライフコーチ  吉村 太朗

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

http://senior-life-coach.jimdo.com

 

 

 

 

 

元気な高齢者になるための生活習慣

毎日が寒い。特に朝、、、

布団から出るのが辛い、、、冬眠するクマの気持ちがわかる今日この頃。
一日の活動量が少なくなってはいませんか?

 

さて今日は元気な高齢者になるために必要な生活習慣について書きます。

当たり前のように過ごしている生活習慣を
ちょっと見直し意識することによって、老後の悩みも解消されて元気でイキイキした老後生活をおくることができます。

 

元気な高齢者になるためには外出習慣を確保することが最も重要となります。


一般的には週に一回以上外出していない場合を「閉じこもり」とされておりますが、今後そのような高齢者はどんどん増えることが予想されます。

行動的な女性や社交的な方は特に問題なく外出できるかと思いますが、高齢男性はなかなか外出習慣を確保するのは難しいという方は多いのではないでしょうか?

 

自宅での閉じこもりは体力低下のみならず脳の刺激も少なくなり認知症リスクも高くなり、老化が進行する一方です。ちなみに新聞をよんだりテレビのクイズ番組をみているだけでは脳の刺激としては足りません!

 

脳が最も活性化される瞬間は外出して人として会っている時。

そう考えるようになった背景としては、私自身が高齢者の介護施設で勤務してきた中で自宅で引きこもり気味だった高齢者が外出習慣を確保することにより、表情も明るくなり、みるみる元気になっている姿を見てきたからです。

 

外出習慣を確保することによって元気な高齢者になれる3つのポイント。

①筋力の維持・向上できる


外出するということは、自ずと歩くことになります。
家の中を少し歩くのとは違い外出すると、ある程度の距離を歩くことになります。
そしてお日様にあたることにより骨への刺激にもなります。

 

②ぐっすり睡眠


よく眠れないという悩みをかかえる高齢者の声がありますが、根本的に適度な運動と外の空気を吸わないと年齢問わずに眠くなりません。
身体の中の空気の入れ替えをして、しっかり体内時計をリセットする必要があります。

 

③脳の活性化


実際に自宅に引きこもり気味だった高齢者が外出習慣を確保することによりココロもカラダも元気になります。

老後生活は家でゆっくりテレビをみながら
のんびり過ごすことも良いですが
のんびり過ぎるとドンドン老化してしまいます。

 

f:id:taro529:20180114112453j:plain

外出習慣を確保することにより

何歳になっても元気で

周りの人からは「なんでこんなに元気なんですか?」と声をかけれれるでしょう。
そして、なによりも自分らしく老後生活を過ごすことができます。

 

まず今日からはじめられる一歩としては外出する場所を探し出すことからです。

行きたくないところに無理して行く必要はありません。

どこでも良いです!

図書館?映画館?資料館?銭湯?

地域マップなどをみると行きたい場所がみつかるかもしれません。

 

目指せPPK(ピンピンコロリ)

 

 

シニアライフコーチ
吉村 太朗

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

http://senior-life-coach.jimdo.com