元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

元気な高齢者になるための生活習慣

毎日が寒い。特に朝、、、

布団から出るのが辛い、、、冬眠するクマの気持ちがわかる今日この頃。
一日の活動量が少なくなってはいませんか?

 

さて今日は元気な高齢者になるために必要な生活習慣について書きます。

当たり前のように過ごしている生活習慣を
ちょっと見直し意識することによって、老後の悩みも解消されて元気でイキイキした老後生活をおくることができます。

 

元気な高齢者になるためには外出習慣を確保することが最も重要となります。


一般的には週に一回以上外出していない場合を「閉じこもり」とされておりますが、今後そのような高齢者はどんどん増えることが予想されます。

行動的な女性や社交的な方は特に問題なく外出できるかと思いますが、高齢男性はなかなか外出習慣を確保するのは難しいという方は多いのではないでしょうか?

 

自宅での閉じこもりは体力低下のみならず脳の刺激も少なくなり認知症リスクも高くなり、老化が進行する一方です。ちなみに新聞をよんだりテレビのクイズ番組をみているだけでは脳の刺激としては足りません!

 

脳が最も活性化される瞬間は外出して人として会っている時。

そう考えるようになった背景としては、私自身が高齢者の介護施設で勤務してきた中で自宅で引きこもり気味だった高齢者が外出習慣を確保することにより、表情も明るくなり、みるみる元気になっている姿を見てきたからです。

 

外出習慣を確保することによって元気な高齢者になれる3つのポイント。

①筋力の維持・向上できる


外出するということは、自ずと歩くことになります。
家の中を少し歩くのとは違い外出すると、ある程度の距離を歩くことになります。
そしてお日様にあたることにより骨への刺激にもなります。

 

②ぐっすり睡眠


よく眠れないという悩みをかかえる高齢者の声がありますが、根本的に適度な運動と外の空気を吸わないと年齢問わずに眠くなりません。
身体の中の空気の入れ替えをして、しっかり体内時計をリセットする必要があります。

 

③脳の活性化


実際に自宅に引きこもり気味だった高齢者が外出習慣を確保することによりココロもカラダも元気になります。

老後生活は家でゆっくりテレビをみながら
のんびり過ごすことも良いですが
のんびり過ぎるとドンドン老化してしまいます。

 

f:id:taro529:20180114112453j:plain

外出習慣を確保することにより

何歳になっても元気で

周りの人からは「なんでこんなに元気なんですか?」と声をかけれれるでしょう。
そして、なによりも自分らしく老後生活を過ごすことができます。

 

まず今日からはじめられる一歩としては外出する場所を探し出すことからです。

行きたくないところに無理して行く必要はありません。

どこでも良いです!

図書館?映画館?資料館?銭湯?

地域マップなどをみると行きたい場所がみつかるかもしれません。

 

目指せPPK(ピンピンコロリ)

 

 

シニアライフコーチ
吉村 太朗

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

http://senior-life-coach.jimdo.com

 

 

1秒で5歳若くなる方法

新年明けましておめでとうございます!

今年も元気な高齢者が一人でも多くなり

明るい高齢化社会になることを目指します!

 

年齢を重ねるにつれて一年が早く感じて老化に対する恐怖を

感じている方が多くいらっしゃいます。

 

そこで!

 

1秒で若くなる方法があれば知りたくないですか?

ココロもカラダも若返る(^^)/

しかも無料で簡単に今すぐできる方法です☆

 

女性で若くなるといえば、お化粧をしたり美容院でヘアスタイルを整える、または美容整形などが考えられますが。

そんなことより効果絶大で一生使える方法があります。

 

それは以前にも紹介しましたが

 

姿勢を正すことです。

 

①頭のてっぺんにひもがついていて天井から引っ張られるイメージ。

 

②朝・昼・晩と両手を組んで伸びをする。

 

taro529.hatenablog.com

 

 

この感覚を意識することにより若く健康的なイメージが

向上するうえに肩こり腰痛の予防にもつながります。

 

自宅で一人でいる方は意識することが少なくなりがちです。

 

前述にものべましたが姿勢はココロにも影響します。

 

元気がないと

自然とうつむき姿勢に*1

元気だと

ピンと背筋が正される(^^)/

 

逆も言えて

 

姿勢が良いと自然とココロも元気になってきます。

 

 

外にでて人に見られている感覚があると自然と背筋がピンと

姿勢を意識しますよね。

だから高齢になっても外出習慣がある方は若くみえて元気なのです。

 

f:id:taro529:20180105225658p:plain

シニアライフコーチ  吉村太朗

 

~100歳になっても自分の足で歩く 

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

 

 

 

*1:+_+

最新の認知症予防とは?


f:id:taro529:20171219125928j:image

 認知症は突然やってくるのか? 

2025年には認知症患者が700万人を突破するともいわれています。

65歳以上の5人に1人。

 

病院で行われる認知症のテストだと

長谷川式認知症スケールなどが一般的ですが

個人的にはあまりあてにならないと思っている。

 

今日が何曜日かわからないだけで認知症予備群にされても困る。仕事をしている人ならまだしも、毎日が日曜日の高齢者にこの質問は難しすぎる。

 

高齢者の物忘れはさほど問題視する必要はなく、一番の問題は感情のコントロールが困難になることである。

 よく怒りっぽくなるなどという方は多いですが一緒に住む家族が一番参ってしまうのもやはり急に怒りだしたり徘徊だ。

 

認知症予防で一番効果的な方法は

①人と会う

②人と体操して

③人とご飯を食べる

 

この三つが大事です。

 

いずれも感情を刺激することになります。

 

相手がテレビだと意味がありません。

 

テレビを見ている時の脳は

ほとんど機能していません

特に高齢者の方は「ニュースをよくみる」という方が多くいらっしゃいますが、ニュースの内容といえばたいてい悲しい内容が多いように見受けられます。

殺人事件、不倫のニュース、ここ最近だと日馬富士の暴行のニュース、、、、、

大相撲のニュースに関しては「もういいよ」と感じる方は多いと思われます。

 

ネガティブな感情刺激ばかりでは脳には悪影響。

 

受け取る情報も選ぶ必要があります。

   

まずは人会うことから!

人と会ってる時の脳は

ものすごく活性化しています!

 

お店で買い物をして店員さんに「ありがとう!」と一声。

これだけでも脳は活性化されています。

 

どんな形でも人と会える環境作りをしましょう!

 

 

シニアライフコーチ  吉村太朗

http://senior-life-coach.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢者の弱くなりやすい筋肉

人間の身体の老化は足元からといわれています。

 

下肢で最も弱くなりやすいといわれている筋肉は

大腿四頭筋」という筋肉です。

f:id:taro529:20171201215005j:plain

上記の図のように太もも全面にある筋肉です。

50歳を過ぎたあたりから急な低下がはじまり、太ももをモミモミ

するとほとんどの方が細くなったと感じるのではないでしょうか。

 

大腿四頭筋の主な役割は膝を伸ばす動作です。

 

大腿四頭筋が低下すると

膝がどんどん曲がり膝が痛み (*_*)

骨盤が後ろに傾き背中が曲がり (*_*;

 

負のスパイラルに突入です。

 

何も意識をしなければ

どんどん低下する筋肉です。

 

 

あなたも今からできる大腿四頭筋を低下させない

日常生活の心がけをしましょう!!!

 

トレーニングではありません。

日常生活にちょっと心がけるだけでオッケー(^^♪

 

椅子に座る際の心がけ

まず、椅子に座る際にドスンと座ってしまう方が

いたとすれば黄色信号です。

このままだと、どんどん老化してしまいますよ。

 

椅子に座るときは8秒かけて座ってください

 

日常生活で座るという動作は無意識に行って

おりますが、この動作はスクワットの姿勢であり

下肢筋力強化に絶大の効果ありです。

 

試しに一週間チャレンジしてみましょう!

 

 

シニアライフコーチ   吉村 太朗

 

ホームページ

http://senior-life-coach.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ高齢者の動きがスローなのか

高齢になると日常生活動作のひとつひとつが鈍くスローになってきます。

 

  • テーブルの上の物をとる動作
  • 立ち上がりの動作
  • 着替えの動作
  • 歩く動作

 

どの動作とっても遅くなってきているのではないでしょうか?

 

 

転倒予防にために意識的に動作をゆっくりするよう心がけている方もいれば

周りから動作をゆっくりするように声かけされている方もいることでしょう。

 

 

ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり

 

あんまりゆっくりばかりを意識していると

 

1年後2年後3年後と着実に動作がゆっくりになってしまいます。老化です。

 

 

そうならないために、どうしたらよいか?

 

早い動きを脳に記憶させてあげましょう。

 

①両手をひらいてパー

②親指から順番に数字を数えます

1・2・3・4・5・6・7・8・9・10

③少し早めにもう一回

④もっと早くもう一回

⑤これ以上無理という早さでもう一回

 

 

どうでしょうか?

 

普段やらないスピード感に脳が喜んでいるのではないでしょうか。

 

そうです。脳に記憶させ思い出させることが大事なので、このような

単純な動きでも効果大です。

 

今日も元気な100歳を目指しましょう!

 

 

シニアライフコーチ  吉村 太朗

senior-life-coach.jimdo.com

 

 

 

親の老後生活に不安はありますか?

親の老後生活について考えたことはありますか?

この問題に不安をかかえる方は今後増えてくると思われます。

親が近くにいない場合は特に心配になることでしょう。

 

テレビを見れば高齢化社会による認知症の問題や高齢ドライバーの交通事故のニュースがよく見受けられるようになってきましたが、他人事ではなくなってきているのは皆さんも実感があると思います。

 

介護休暇という制度もあるようですが、なかなか使いにくいという方が多いのが現状。

 

親の老後生活にとって重要になることは他人の目が入り変化に気づけることです。

仮に夫婦同居していたとしてもお互いに判断能力が低下している可能性があることに

くわえて、なにかと「もう歳だから」という理由で片づけてしまう傾向が強いと思われます。

 

近隣に息子や娘が住んでいれば問題ないのですが離れて暮らしている方が大半をしめますので現状厳しいです。

 

では、どうしたら親の老後生活に向けて今できる取り組みとは?

 

親の生活スタイル(タイムスケジュール)の確認。

朝何時に起きて何時に寝ているか?

起床時間が極端に遅い方は要注意!

起床時間も就寝時間も遅い方はもっと要注意!!

一日のうちしっかりした活動時間を確保できているか。

 

やはり基本は早寝早起き。

 

昔からあたりまえのように言われてきた健康法ですが

これを出来ている人、意外と少ないです。

 

定期的な運動習慣を確保できる環境作り。

運動習慣は寝たきり予防だけではなく認知症の予防にも最適です。

 

わかっているけど、できない。

 

安心して下さい。皆さんそうです。

 

だからこそ運動習慣を確保できる環境が必要になってくるのです。

 

そして!運動指導者の存在です。

間違えた運動量方法をなんとなく継続するよりも目標設定して正しい指導を受けて継続した方が良いに決まってます。

 

 

100歳時代の準備をしましょう。

 

ホームページ・問い合わせ

senior-life-coach.jimdo.com

 

シニアライフコーチ

吉村 太朗

 

 

 

 

 

 

 

taro529.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同窓会で若く見られる方法

あなたの久しぶりの同窓会。

 

中高年にもなると、若くみえる人もいれば老けてみえる人もいます。

 

どこに大きな違いがあるのか?

 

顔のしわ?しみ?髪の毛の薄さ?白髪?

 

老化は誰もが直面する現象です、それらを防ぐためにエステにいったり

高級化粧品を使ったり育毛剤を使うなどの努力をするかと思いますが

 

手っとり早く若く見られる方法があります!!!

 

それは

 

姿勢を正すことです。

 

taro529.hatenablog.com

 

姿勢については若く見られるだけではなく、印象がアップする効果も

期待されます。

ある大学で行われた有名な実験で、姿勢が悪い人と良い人では道を聞かれる

ことが多かったのは圧倒的に姿勢が良い人といったデーターがあるくらいです。

 

その時だけではなく、常に意識をする習慣が重要です!