環境が元気な高齢者を作る

こんにちは。

パーソナルトレーナーの吉村です。

 

今年になり小鳥の糞を2回もかけられています。

2回ともに右肩に

 

これは縁起がわるいな、、、

と思いきや。

 

色々調べてみると海外では

鳥に糞をかけられることは

神様が鳥に

「あの人に幸運が訪れるからウンをつけてあげなさい」との指令があり

幸運が訪れる前ぶれとしてのメッセージとして教えてくれてるそうです。

 

人生は解釈力ですね。

 

鳥に糞をかけられて「ついてないなー」と解釈できれば

「やった!幸運がおとずれるぞ!」と全く逆の解釈もできるんですね。

 

さあ!

ついてるついてる(^O^)

 

張り切ってやってまいりましょう。

 

今日は元気な高齢者になるための環境についてお伝えいたしますが

 

まず寝たきりになるリスクを高める環境について。

どのような環境を想像するでしょうか?

 

寝たきりになる環境は

 

人との交流がなく

常に一人で自宅に引きこもっていて刺激がない毎日をおくっています。

 

間違いなく認知症のリスクも日に日に

高まります。

 

一日中家に引きこもり

誰とも話もしないという方は要注意です。

 

また、入院すると身体機能が著しく低下

するというのはベット上での生活が長くなっての筋力低下もありますが。

様々な要因が重なる環境も関連しております。

 

「元気になるぞ!」と気迫みなぎる人たちが

大勢なら元気になる環境になりますが、、。

 

元気な高齢者になるためには

元気な高齢者になる環境に身をおくことです。

 

3つのポイントについては

次回より詳しくお伝えしていきます。

 

①元気な人と会う環境に身を置く

②動かざる得ない環境に身を置く

③大きな声を出せる環境に身を置く

 

 

 

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

 

 

横綱の里 北海道福島町で生まれ育ち

 
スポーツ歴は相撲、ラグビー
 
好きな言葉は「元気は気から」
 
専門学校では運動生理学を学び人間本来の身体の動かし方を学び
在学中よりスポーツジム・幼稚園・介護施設にて運動指導に従事する。
 
介護施設では10数年にわたり運動指導をして、のべ250人の高齢者の
運動指導をして日常生活動作の向上のサポートをする。
 
高齢化社会の日本において
幸せな老後生活に必要なことは「夫婦で一緒に元気でいることにあり」
という信念のもと明るい老後生活を全力でサポートいたします。
 
 パーソナルトレーナー
吉村 太朗

 ホームページ senior-life-coach.jimdo.com

 

www.facebook.com

 

パーソナルトレーニングの相談

介護予防の相談は

下記のメールアドレスまで

 

taro529@hotmail.co.jp

老化を防ぐ足指刺激「ひらく」

こんにちは。

パーソナルトレーナーの吉村です。

 

老化を防ぐ足指刺激

 

今回は「ひらく」についてお伝えします。

 

足指をひらく

 

手の指は自由自在にひらいたり、とじたり

できますが

足指は手の指のように自由自在に動きませんよね。

 

足指への意識は年々薄くなり

 

ただ付いているだけの指に

なってしまいます。

 

本来ならば1本1本が

歩行やバランスをとるために

重要な役割を果たしているとは

つゆ知らずに。

 

前回の「つまむ」に引き続き

 

今回は「ひらく」

 

f:id:taro529:20170614082300j:plain

この写真は

うちの娘が生後2か月くらに撮影した写真です。

 

常に足の指を動かして

「ひらく」をやっているのです。

 

すごい(^_^)

 

我々、大人が意識して実施できていないことを

生後2か月の赤ちゃんは

本能としてやっているからビックリです。

 

しっかり安定して歩くための

事前準備としては最高の運動です。

 

 

 足指の刺激の重要性に気が付き

「まげる」「つまむ」をすでに実施されている方は

元気な高齢者になるための準備が出来ていると

思いますよ。

 

今回の「ひらく」のやり方ですが

 

①椅子に姿勢を正して座り、靴下を脱ぎ両足をまっすぐに伸ばし

足指をグーパーグーパーとゆっくり動かしてください。

思い通りに動かなくても大丈夫!

動かそうを意識をすることに意味があるからです。

 

②下の図のように

右手と左足、左手と右足で握手をする形で

組み合います。

f:id:taro529:20190218124252p:plain

自分の足指と握手?握足?

 手と足、どっちが痛い思います?

 

おそらくはじめは足指が痛い方が多いと思いますが

足指への刺激を与え続けることにより

逆に手が痛くなると思います。

 

運動の習慣化には忍耐力が必要ですが

ブログにあげた「まげる」「つまむ」「ひらく」の

どれか一つを習慣化するだけでも

元気な高齢者になるための準備ができますよ。

 

どれもお金もかからず

道具も不要でできる健康法です!

 

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

 

 

横綱の里 北海道福島町で生まれ育ち

 
スポーツ歴は相撲、ラグビー
 
好きな言葉は「元気は気から」
 
専門学校では運動生理学を学び人間本来の身体の動かし方を学び
在学中よりスポーツジム・幼稚園・介護施設にて運動指導に従事する。
 
介護施設では10数年にわたり運動指導をして、のべ250人の高齢者の
運動指導をして日常生活動作の向上のサポートをする。
 
高齢化社会の日本において
幸せな老後生活に必要なことは「夫婦で一緒に元気でいることにあり」
という信念のもと明るい老後生活を全力でサポートいたします。
 
 パーソナルトレーナー
吉村 太朗

 ホームページ senior-life-coach.jimdo.com

 

www.facebook.com

 

パーソナルトレーニングの相談

介護予防の相談は

下記のメールアドレスまで

 

taro529@hotmail.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

老化を防ぐ足指刺激「つまむ」

こんにちは!

パーソナルトレーナーの吉村です。

 

前回に引き続き老化を防ぐ足指刺激についてです。

 

前回は足指を曲げるストレッチについて

お伝えしましたが、、、

皆さん、やってますか?

 

是非 

継続してください。

 

今回紹介する

「つまむ」を実践すれば

更なる頑丈は土台作が出来ますよ。

 

歩行が不安定な高齢者のお話を

聞くと

「足がフアフアした感じがして、、」

という声がよく聞かれます。

 

足指の感覚が鈍くなると

歩いていてもフアフアした感じで

不安定になり転倒リスクも高く

なります。

 

今回の「つまむ」で足指の感覚を

取り戻しましょう。

 

さて

「つまむ」ですが


f:id:taro529:20190212201205j:image

 

写真のように

1本1本つまんで、揉む!

 

揉み方ですが

①爪を押すような形で揉む

これまた

「痛気持ちいい」が

ポイントです。

②指をつまんで、ひっぱる!

ひっぱりながらクネクネと

ネジを左右に回して刺激を与えて

あげるのも◎

 

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

 

 

横綱の里 北海道福島町で生まれ育ち

 
スポーツ歴は相撲、ラグビー
 
好きな言葉は「元気は気から」
 
専門学校では運動生理学を学び人間本来の身体の動かし方を学び
在学中よりスポーツジム・幼稚園・介護施設にて運動指導に従事する。
 
介護施設では10数年にわたり運動指導をして、のべ250人の高齢者の
運動指導をして日常生活動作の向上のサポートをする。
 
高齢化社会の日本において
幸せな老後生活に必要なことは「夫婦で一緒に元気でいることにあり」
という信念のもと明るい老後生活を全力でサポートいたします。
 
 ホームページ senior-life-coach.jimdo.com

 

パーソナルトレーニングの相談は

下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

taro529@hotmail.co.jp

 

 

 

老化を防ぐ足指刺激「曲げる」

こんにちは!

 

自立高齢者を増やすための

パーソナルトレーナーの吉村です。

 

今日は前回の続きで

介護予防に必要不可欠な

足指刺激についてです。

 

前回もお伝えした

 

足指刺激に重要な


①曲げる
②つまむ
③ひらく

 

この3つの中から

「曲げる」

についてお伝えします。

 

一般的にストレッチといえば

両手を組んで伸びをしたり

上半身の動作をイメージする方が

多いかと思いますが。

 

足指の曲げ伸ばしをイメージする方は

ごく少数に思われます。

 

「今までの人生で足指を曲げ伸ばしなんかしたことない」

 

といった方は是非是非

今日から、、いや、、

今から

足指のストレッチを行ってください。

 

一週間ほどで身体の変化に

気がつくはずです。

 

足指もストレッチをしなければ

動きも固くなり

浮足の原因にもなります。

 

そして足指の力と柔軟性が低下すると

・膝・腰への負担が大きくなる

・つま先が浮いた状態になり足指に力が入らなくなる

・重心がかかとだけになり不安定なカラダになる

 

などなど様々なカラダの不調の原因になります。

 

さて!

足指のストレッチですが

やり方は簡単で道具も不要。どこでも出来ます。

 

まぁ、足指を曲げ伸ばしをするだけですが

 

いくつかの気を付ける点がありますので

ここでいくつかご紹介します。

 

座っている状態もしくは

立っている状態で

 

姿勢を正します

 

下の図のように足指をジワジワと曲げます

立っている行う際は

安定した手すりなどにつかまり

安全に行ってください。

 

f:id:taro529:20190211222901g:plain

 

 左側の図の角度に曲げるよりも

右側の図の角度に曲げた方が痛みを感じるかと

思います。

 

曲げる角度は痛気持ちいいくらいを

意識して行ってください。

 

この動きを10秒3セットを

朝・昼・夕 と実施。

 

このストレッチに加えて

②「つまむ」

③「ひらく」

を実施できれば最強の土台作りができますよ(^O^)

 

次回は「つまむ」「ひらく」について

お伝えします。

 

 

調布市三鷹市エリア

パーソナルトレーナー 吉村 太朗

www.facebook.com

横綱の里 北海道福島町で生まれ育ち

 
スポーツ歴は相撲、ラグビー
 
好きな言葉は「元気は気から」
 
専門学校では運動生理学を学び人間本来の身体の動かし方を学び
在学中よりスポーツジム・幼稚園・介護施設にて運動指導に従事する。
 
介護施設では10数年にわたり運動指導をして、のべ250人の高齢者の
運動指導をして日常生活動作の向上のサポートをする。
 
高齢化社会の日本において
幸せな老後生活に必要なことは「夫婦で一緒に元気でいることにあり」
という信念のもと明るい老後生活を全力でサポートいたします。
 

 ホームページ senior-life-coach.jimdo.com

 

パーソナルトレーニングの相談は

下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

taro529@hotmail.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足指を動かしてますか?

 こんにちは

パーソナルトレーナーの吉村 太朗です。

インフルエンザは流行している
今日この頃ですが
皆さん体調はいかがですか?

あるお医者さんから聞いたお話ですが
なぜお医者さんは毎日何人ものインフルエンザの
患者さんと同じ空間にいるのにインフルエンザに
感染しないのか?
というお話になったときに
聞いた話ですが

 

「一人の患者を診断するたびに緑茶
一口飲んでいるからです」

と仰っていました。

 

緑茶を一口飲むことにより

のどのウィルスを流してくれるそうです。

 

電車やバスに乗った後などは
緑茶を飲む心がけもインフルエンザの
予防に有効かと思います。

 

 

さて!今日は今からでも簡単に出来る
介護予防
足指刺激についてのお話です。

 

何歳になっても元気な足腰で

住み慣れた家で
自立した生活を送りたいですよね。

 

そこで重要になるのが足指。

 


運動習慣がある高齢者を調査した

実験があり

足指へ刺激を加えていたグループと

足指へは刺激を与えていなかったグループを

調査した結果

 

足指に刺激を与えていたグループが

圧倒的に転倒していなかったという

データがあるくらい重要です。

 

現時点で足指を動かす習慣がない方が
多いと思われますが

足指は歯磨きと同じような習慣にしてください。

 

今まで運動習慣がなかったの感想として
歩行時のふらつきが軽減した要因として
共通して仰ることが

 

「足指を動かす感覚を知ってから
ふらつきが少なくなった」と感じるそうです。

 

確かに今まで意識していなかったことを

意識できるということは

大きな変化を感じることでしょう。

 

足指刺激に重要な
3つのポイントは


①曲げる
②つまむ
③ひらく

 

足の指の感覚が低下すると
ひざ痛・偏平足・外反母趾などなど
さまざまなカラダの不調の要因となります。

 

今から足指に刺激を与えて
元気なカラダ作りをしましょう!

 

まずは今日ご紹介した
3つのステップの内の一つ

曲げることの一つとして

 

足指でグーパをしてみましょう。

 

足指刺激については

また次回掲載いたします。

 

 

調布市三鷹市エリア

パーソナルトレーナー 吉村 太朗

 

パーソナルトレーニングの相談は

下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

taro529@hotmail.co.jp

介護保険で元気な高齢者を増やすには

こんにちは!

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗です。

 

久しぶりの投稿になってしまいました。

 

今日は介護保険で元気な高齢者を増やすには

ということをテーマでおくります。

 

そもそも介護保険とは

介護が必要になった人を社会全体で

支えよう!ということを目的として様々な

介護保険サービスが存在しますが

中には「介護保険料を支払っているんだから

使わなきゃ損」と考えて、頑張れば出来る

自宅の掃除をヘルパーさんにお願いしたり

している方もいらっしゃいます。

 

元気な高齢者を増やすという意味では

まだまだ介護保険の仕組みを検討する必要が

あるように思われます。

 

一例として紹介すると

介護が必要になった女性Aさん(80歳)がいたとします。

介護認定の結果、要支援2の認定があり

 

デイサービスに週2日通い頑張ってリハビリに励み

なんとか自分のことは自分で少しずつ出来るようになってきて

次の介護更新では要支援1になったとします。

 

そうすると、、

Aさんは週2日の運動習慣を確保できていたのが週1日の利用になり

運動する時間が半分になる。

 

デイサービスとしてはAさんの介護度が軽度化される

ことによって収益が下がるということになります。

 

この仕組みは誰が喜ぶ仕組みでしょうか?

 

本来なら介護度が軽度化されて

みんなで喜ぶべきですが

本人も介護保険サービスを提供する側も

喜ばない、この変な仕組みをどうにかしないと

日本はますます健康寿命が延びることはないでしょう。

 

理想としては

介護度が軽度化されたら

「おめでとうございます!!!」

といった具合に

Aさんとデイサービスに介護保険の予算から

お祝い金が支払いされる仕組みがあったら

どうでしょうか?

 

人生100年時代

 

仮にお祝い金として本人と施設側に1万円支払い

される仕組みができたとしても

長期的に介護保険を利用する高齢者が増える

事を考えたら絶対に有意義だと思います。

 

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

 

 

パーソナルトレーニングの相談は

下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

taro529@hotmail.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料】みるみる身体が若返るストレッチ

こんにちは

吉村太朗です。

 

急に寒さが増してきましたが

皆さん体調はいかがでしょうか。

 

冷えは万病の元という言葉も

ありますが

身体で特に

冷やさないほうが

良いとされる所は

 

首がつく所です。

 

足首、手首、首

これらに共通しているのは

 

関節であり筋肉が少ないため

冷やすいことがあります。

 

寒いと身体が縮こまり

余計な力が入ることと

血行不良が原因で

肩こりや腰痛を訴える方が

多いようです。

 

では

どうしたら良いか?

 

首がつく所を

冷やさないことも大事ですが

 

寒いからこそ

身体を動かすことにより

血行が良くなります。

 

出来ればお日さまを浴びて

外の空気を吸っての

ストレッチが好ましいですが

あまり寒いときに外で運動する

ことはオススメできません。

 

そこで

この冬!元気にのりきるための

自宅で簡単にできる

10分トレーニングの小冊子を

作成したいと思います!

 

ご希望の方は下記のメールアドレスまで

連絡ください!

 

先着10名様に無料で差し上げます。

 

パーソナルトレーナー

吉村太朗

 

taro529@hotmail.co.jp