元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

強い骨作り


高齢者、特に女性に多く見受けられる
骨粗しょう症

筋肉同様に骨に意識を向けることも元気な高齢者になるために必要です。

寝たきりになる原因として、転倒による骨折ということも上位にあげられます。


ではカナヘイきらきらどのように骨を強くするか!




一般的には

☀お日さまにあたる
魚の骨カルシウムをとる

走る人運動による刺激

上記の3つがあげられますが、一番効果的なのは運動による刺激です!

高齢になれば外出機会が少なくなりお日さまをあたる事が少なくなってくることも関係しますが、運動による刺激は極端に少なくなってきています。
特に現代のシューズはクッション性が高く良いシューズほど要注意です。

骨は適度な刺激があることによって機能を維持します!

骨を丈夫にするために一番効果的なのは裸足で四股ですが、マンション住まいでドンドン四股を踏んでいるも近隣トラブルの原因となりますので公園のベンチなどに座りながら、、!
「よいしょー!」と四股です晴れ
(外ではシューズはいて下さい)

この時に重要になるのは「よいしょー!」と地面を踏みしめる時には足・腰・背中の骨への刺激を感じて元気になります!という気持ちも込めながら踏みしめて下さい!











おしゃれな高齢者

最近
デイサービスに通所する高齢者の長寿の方
を調査をしたところ共通点がありました!

それは

皆さん共通して、おしゃれということです!




昨日のブログで人の輪に入ることにより脳が活性化され認知症予防になると書きましたが、おしゃれをするということは人に見られている意識を高めるためにもっとも有効的な手段です!

おしゃれといってもファッションもそうですがお化粧やヘアスタイルもそうです。

寝たきりゼロ社会で知られるスウェーデンの老人ホームと日本の老人ホームの大きな違いは、入居者の方ファッションです。
日本ではボサボサの髪で一日中パジャマ姿というイメージが強いかと思いますが、スウェーデンの老人ホームでは全ての入居者がパジャマから洋服に着替えて、お化粧をしているそうです。

この点は日本の介護業界も大いに見習うべきかと思われます。

いつまでも、おしゃれを忘れずに!

どうでもいいや−、となると心の元気もなくなってきます。


ちょっと、おしゃれに気をつかって
元気な
高齢者を目指しましょう!

明日のデイサービスは真っ赤な口紅をぬって行きましょう!


元気な高齢者が食べてる物

元気な高齢者は何をよく食べているのか?

研究の結果、、、。

好き嫌いなく何でも食べる人!と思っていましたが、、、必ずしも好き嫌いが良くないとは限りません。ストレスの中で嫌いな物を頑張って食べるほどカラダ悪いことはありません。

好きなものを食べましょう!

ただ、元気な高齢者は皆さん


良く噛んで食べています!

早寝早起き

元気な高齢者になるために必要な事は一日の活動時間の見直しと活動の質の見直しです。
今までの仕事生活から定年退職をむかえる方は特に注意が必要です。

まずは朝起きる時間。
特に一日の予定が無いとなると、うっかり昼近くまで寝てしまうなんてこともありますが、このような生活が長くなると一日の活動時間が減り筋肉・脳の活動時間も少なくなります。

朝起きる時間が遅いと就寝時間にも影響し生活リズムは不規則となります。



仕事上、多くの高齢者と出会う事が多いですが例外なく元気な高齢者は早寝早起きを無意識に実施してます!!!


認知症予防

認知症予防!

昨日の

アクセス数5件


どんな人が見てくれてるのか考える今日この頃です。

今日も5人の方のために書きます気合いピスケ

認知症予防のためにはカナヘイ!?


ストレス無く脳への刺激ですウインク

昨日のブログの「人の輪に入る」は一番の絶対条件ですが、もう1つは

興味を持つことです。

なのでも良いので興味をもって下さい!

例えば

散歩してて「ここは昔何があったかなーー?」「ここの地名の由来は?」「この花の名前は?」
それらについて調べてみるのもgood!


究極の脳トレです!


さぁ!元気な高齢者を目指しましょう!

人の輪に入ることが認知症予防!

認知症予防には脳への刺激が必要とされており、認知症予防の取り組みというと脳トレや運動とされております。

自宅で一人でテレビを見ている状態は、いくら難しい政治のニュースでも脳への刺激は微々たるものです。

では、もっとも脳への刺激が強いのはどんな時か?

それは、、、人の輪に入っている時です。

人の輪に入っている時は、無意識のうちに「ここの何人いて」「男の人が何人」「女の人が何人」「あの人カッコイイ」「あの人カワイイ」「あの人の洋服いいな」「あの人の名前は」「自分はどうみられているか」「なに話そうか」等々
脳の働きは活発化されています。

普段一人でいる時間が長い人が久しぶりに人が多い場所に行って自宅に戻ると、そんなに激しい運動した訳じゃないのに
疲れると思います。
それだけ脳が働いた証拠です。

認知症予防のためには!

まずは人の輪に入る環境作りをしましょう!


腰痛予防2

腰痛のきっかけの1つとして、何か重いものを持ち上げて、、、ということはよくあります。そんなに重くないものでも姿勢によっては腰に大きな普段がかかります。

では、どんな姿勢で物を持ち上げるのが正しいか!

ちなみに物を持ち上げるときの腰を痛める
姿勢はこれです↓


両足の幅が狭く、背中を丸めて、、、よいしょ!、、、イデデデぼけー
心当たりがあるのでは?


物を持ち上げる姿勢として良いとされるのはこれです!↓


先日、紹介しました相撲の腰割り姿勢です!

この姿勢が一番腰に負担をかけずに物を持ち上げる姿勢です!

重いものを持ち上げるスポーツ競技からもわかると思います



パワーリフティングの競技。
このマッチョのお兄さんはかなり重いのを持ち上げてますが、まさしく相撲の腰割り姿勢ですね!