元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

なぜ高齢者の動きがスローなのか

高齢になると日常生活動作のひとつひとつが鈍くスローになってきます。 テーブルの上の物をとる動作 立ち上がりの動作 着替えの動作 歩く動作 どの動作とっても遅くなってきているのではないでしょうか? 転倒予防にために意識的に動作をゆっくりするよう心…

親の老後生活に不安はありますか?

親の老後生活について考えたことはありますか? この問題に不安をかかえる方は今後増えてくると思われます。 親が近くにいない場合は特に心配になることでしょう。 テレビを見れば高齢化社会による認知症の問題や高齢ドライバーの交通事故のニュースがよく見…

同窓会で若く見られる方法

あなたの久しぶりの同窓会。 中高年にもなると、若くみえる人もいれば老けてみえる人もいます。 どこに大きな違いがあるのか? 顔のしわ?しみ?髪の毛の薄さ?白髪? 老化は誰もが直面する現象です、それらを防ぐためにエステにいったり 高級化粧品を使った…

老化した姿勢とは?

老化した姿勢といえば どのような姿勢を思い描くでしょうか? 常に目線が下に下がっていて 背中が丸まり、見るからにお爺ちゃん・お婆ちゃんといった姿勢が一般的に老化した姿勢にみえますが 一番の老化した姿勢というのは 長時間の同じ姿勢が続いている 状…

高齢者の体力低下

人間、身体を動かさないと体力が一日に3%減少するとされております。 ここでいう体力は筋力だけではなく、心や脳の機能も含みます。 特に高齢者が入院してからの体力低下は凄まじい早さです。 医療現場でリハビリ体制が整っている病院はほんのわずかです。 …

姿勢を意識する瞬間

一日の内に姿勢を意識する瞬間は何回ありますか? 一回もないという方は要注意! 気がついたら アゴは下に 肩は前に 背中が丸まってしまいます。 結果、、、肩こり・腰痛・膝痛の負のスパイラルに陥ります。 姿勢が悪い人の特徴としてまず 意識をしていない …

寝たきり予防のための秘訣

老後生活で誰もが一番避けたいことといえば 寝たきりの生活になることでしょう。 寝たきり生活が一年二年三年と、、、 自分の意思表示も出来ずに、ただただ死を待つ。 自分自身で置き換えて考えたらぞっとする話しです。 まさか自分に限ってと思うかもしれま…

老後の準備「住」

突然ですが。 サザエさんの波平さんは双子だと知っていましたか? 波平さんには双子のお兄さんがいます。 その名も「海平(うみへい)」 波平さんが毛が1本に対して海平さんは毛が2本です。 そっくりですね そんなサザエさんの波平さんにも老後生活が待ち受け…

老後の準備「食」

元気な高齢者は何を食べているのか? 最近ではさまざまな健康法や健康食がメディアでとりあげられておりますが、、、 実際に元気な高齢者に聞いてみるのが一番正確な情報! デイサービスに通所されている元気な高齢者の方々にインタビューをしてみました(^-^…

老後の準備「衣」

老後生活の準備として何をしていますか? これからは老後100歳時代の到来です。 豊かな老後ライフを過ごすためにはいかに自立した日常生活を過ごすことが できるかがポイントになってきます。 いくらお金がたくさんあっても自立した日常生活を過ごせないこと…

デイサービス選びのポイント

介護認定を受けて介護サービスを利用するにあたってのサービス選びは慎重に! 以前のブログで「掃除が大変になってきた」という理由だけで掃除を訪問介護のヘルパーさんにお願いすることは身体機能低下につながると書きましたが、デイサービス選びも慎重にな…

高齢者の孤独

孤独は老化を促進させます! 最近、新しい出会いはありましたか? 人間。最も脳が活性化されている瞬間は人と会っているときです。 自宅で引き込もってテレビやラジオを聞いているだけでは老化が進行することは言うまでもなく。 元気に長生きしている人達は皆…

子供の足指はすごい!

4月に生まれた私の娘の足です。 子供の足指はすごい なぜすごいかというと、、、 常に動かしているからです! まだ歩くことができない赤ちゃんは、常にグニャグニャ動かしています。 なにげなく動かしているようですが、しっかり歩くために必要だと無意識に…

介護保険サービスが身体機能低下の要因?

介護保険サービスには様々な種類があります。 ・通常介護(デイサービス) ・通所リハビリ ・ショートステイ ・訪問介護 ・訪問リハビリ ・訪問介護 ・福祉用具貸与 ・訪問入浴 もっとも多く利用されているサービスは 「訪問介護」です。 「訪問介護」のサー…

PPKとは? [介護予防]

PPKとは何でしょう? 国際的な団体の略称ではありません。 PPK=ピンピンコロリ だそうです。 ピンピンコロリとは? なくなる直前まで寝たきり生活でなく、元気に活動している状態です。 日本は世界中からみても名だたる長寿国ですが、健康寿命の方はそれほ…

高齢者を狙う詐欺に注意!

高齢者を狙う詐欺に注意して下さい! 先週も世田谷区で4500万円をだまし取られる詐欺事件が発生したようで、デイサービスに通所するご利用者に注意の呼びかけをしました 世田谷区で発生した詐欺事件の手口は 警視庁の警察官を名のる男から「大規模な詐欺事件…

朝の暴れん坊将軍

「朝一番の習慣が重要」 高齢者に限らず朝一番の習慣というのは人生において重要であり、その日一日の質を大きく変えるものとなります。 元気な高齢者の秘訣の一つとしても重要となることでしょう。 例外なく、元気な高齢者の方々に 「朝は何時に起きていま…

排泄動作は死ぬまで自分で!後編

前回に引き続き排泄動作について! 排泄動作を死ぬまで自分でやるためには元気なうちの事前準備が必要ということは前回も述べましたが今回は動作の事前準備です。 ほとんどの方は高齢者になり足腰が弱ってから「これは、やばい」と苦労することになります。…

排泄動作は死ぬまで自分で!前編

老後生活の悩みで多く聞かれるのが 排泄についての悩みがあげられます。 今は日常生活動作の一部として当たり前のよう行っている排泄動作ですが、5年後10年後も当たり前に行っているでしょうか? ある高齢者の方の声で「トイレだけは死ぬまで自分でしたい!…

一日三食 良く噛み 腹八分目

近ごろ様々な健康ブームがありますが、「一日一食」なるものもテレビや雑誌でブームになっていますね。実際に、芸能人がやっているとなると更なるブームに火が付きます。 「一日一食」について、真っ向から否定するわけではありませんが疑問は多くあります。…

元気な高齢者!3つの特徴!!!

老後生活に不安を抱える方必見! 元気な高齢者の3つの特徴について! 「早寝、早起き、朝ごはん」も素晴らしい健康習慣ですが今日は別の視点からのポイント3つです! まずは1つ目! ①言語習慣 「くよくよしない」 「悩まないようにしてる」 これは、元気な高…

味噌汁で認知症予防

健康長寿の都道府県 今となっては日本一の健康長寿の県となった長野県は一時期は平均寿命ワーストでしたが 食生活の改善として減塩運動に取り組んだことが大きく関連しているといわれています。 減塩運動中にはオッカチャンがオットチャンに減塩の味噌汁をだ…

なりたい自分の思い

「元気な高齢者」 まずは、どうなりたいか。「なりたい自分の思い・イメージ」が重要になってきます! その思い・イメージをもって過ごしているか、そうでないかでは大きな違いです。 今日は私が勤務する通所介護事業所「リハビリデイルームやわら」において…

高齢者の苦手な動き

元気な高齢者になるにあたり、自身の苦手な動きを自覚することは重要になってきます。 今日は股関節のの屈曲・伸展について。 屈曲とは。 このような、もも上げの動作です。 対する伸展とは。 先ほどとは逆の動きです。 では質問です! どちらの動きが苦手で…

高齢者の腰痛

腰痛で悩んでいる高齢者の方は多くいらっしゃいますが、そもそもの腰痛になったきっかけはなんでしょうか?腰痛になる原因はなんでしょうか? 腰痛予防には根本的な原因追究が必要になります。 腰痛の原因は主に ・精神的なストレスからくるもの ・老化に伴…

相撲の鉄砲

相撲の稽古にある「鉄砲」をご存知でしょうか? 相撲の稽古というと四股のイメージが強いですが、「鉄砲」も基本の稽古として行われています。 「鉄砲」は鉄砲柱といわれる太い柱と向き合い両手・両足を交互に前に出し動かす動作の繰り返しです。右手を前に…

高齢者のお尻

高齢者の方に自身のお尻を触っていただき感想を聞くと、「肉がない」「骨と皮だけ」との答えがよく聞かれます。確かに、大臀筋(尻)は高齢者の低下しやすい筋肉としては大腿四頭筋(太もも)に次いで低下しやすい筋肉といわれています。 よく、銭湯に行き高齢者…

元気な高齢者

年齢と共にカラダの動きが鈍くなってきて老化するのは自然のことであり、仕方がないとお考えのかたは多くいらっしゃいます。 しかし!仕方をしっかり心得ていれば老化の進行を遅らせることは可能です! 自身のカラダと向き合い、一つ一つの苦手を克服するこ…

日常生活動作を自分の力で

日常生活動作はなるべく自分の力で! 誰もが願うことでしょう。 そんな、当たり前のようにいつも行っている日常生活動作が自分の力で出来なくなっていくことにより介護認定を受け、介護サービスを利用するようになります。 介護サービスで利用できるサービス…

元気は気から

「元気は気から」 これは私が好きな言葉の一つです。 よく「病は気から」という言葉がありますが、「病」というワードを出すことにより無意識のうちに脳が、私はどこが悪いのだろうと感じてしまうため心構えとして 元気は気から という言葉が一番しっくりき…