読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

高齢者の腰痛

腰痛で悩んでいる高齢者の方は多くいらっしゃいますが、そもそもの腰痛になったきっかけはなんでしょうか?腰痛になる原因はなんでしょうか?

腰痛予防には根本的な原因追究が必要になります。

 

腰痛の原因は主に

・精神的なストレスからくるもの

・老化に伴う筋力低下

・普段のカラダの動かし方

・普段の姿勢

・骨折後の後遺症

などなど高齢者の腰痛には

様々な原因があげられますが、原因を追究してからの腰痛予防をしない限りはいくら整骨院などの治療院に通っても改善は難しいでしょう。

その時、次の日の調子が良くても、数日後には元どおりになるでしょう。

 

今日は上記であげた腰痛のさまざまな原因の中でも高齢者のかたに最も多い腰痛の原因の一つについてお話いたします。

 

「普段の姿勢」

 

まずは振り返ってみましょう。

普段、どんな姿勢で座っていますか?

 

 

 

「普段はフカフカのソファーで座っていることが多いです」という方、、、。

 

黄色信号です!!!。

 

赤信号になる前にそのソファーを来週の粗大ごみで捨ててください!

までは言い過ぎですが、、、。

カフカのソファーに長時間座ることは腰に過度な負担がかかる動作です。

 

カラダのメンテナンスに最も気を使っている大リーグのイチロー選手は控室のソファーには絶対に座らずに、パイプ椅子に座っているそうです。

腰に負担がかかることを理解しているからだと思います。

 

では「普段の座り姿勢」をどうしたら良いか?

①30分に一度はストレッチ。

②1時間に一度は立ち上がり伸びをする。

③腰への負担を分散する。

これしかありません。

30分に一度のストレッチは左右に振りむく動作や両手を後ろで組む動作を10秒ほどでオッケーです。

1時間に一度の立ち上がり伸びは両手を組み上で手首をかえす動作を10秒!と深呼吸。

そして、座っている時の重心意識です!太ももの裏・両足の裏へも重心を意識しましょう。多くの方は腰の後ろ一点のみに重心をのせていて腰痛の原因作りをしています。

 座位姿勢では足裏の左右二点、もも裏の左右二点、骨盤一点の計五点へ意識を向ける

ことにより腰への負担が分散されます。

 

腰痛改善のために、まずは普段の姿勢を見直してみましょう。

 

まずは伸びをしてストレッチ!今すぐです!

 

猫背で有名な猫さんは同じ姿勢でいることはほぼありません。

良く伸びをしているので腰痛はないそうです。

 

近所の猫が言ってました。

 

f:id:taro529:20151218220939j:plain