元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

介護保険サービスが身体機能低下の要因?

介護保険サービスには様々な種類があります。

 

・通常介護(デイサービス)

・通所リハビリ

ショートステイ

訪問介護

・訪問リハビリ 

訪問介護

福祉用具貸与

・訪問入浴

 

もっとも多く利用されているサービスは

 

訪問介護」です。

 

訪問介護」のサービス内容は

①身体介護サービス

②生活援助サービス

これら二種類があります。

 

①身体介護サービスとは利用者の身体に触れて行うサービスとして入浴やトイレの介助、食事の見守り、外出時の付き添いなどがあります。

②生活援助サービスとしては日常生活のサポートをするサービスとして食事の用意や洗濯、掃除、買い物、シーツ交換などがあげられます。

 

これらのサービスは本当に介護が必要な方やご家族にとっては大変ありがたいサービスではありますが、、、

 

利用する動機を、間違えると

身体機能低下の要因となる事があるということは頭の中に入れておいて欲しいと思います。

 

人間は人のお世話になると、頼ってしまう生き物です。

😏「これは、他の人がやってくれるから自分でやらなくてもいいや」

この思考が危険。

 

例えば老化に伴い自宅の掃除が大変になってきたから訪問介護サービスを利用して掃除をお願いする。

 

これは日常生活においての活動習慣の一つんを削ることにつながります。ただでさえ活動量が少なくなってくる高齢者にとっての重要な重要な活動習慣です。

 

洗濯機に洋服を入れてスタートボタンを押して時間になったら干す。

 

単純な動作に思えますが洗濯物の量、洗剤の量、干す時間、その日のお天気を考えたりなど脳にとっても活性化される活動習慣の一つでもあります。


f:id:taro529:20170612215552j:image

 

本当に出来ない動作を訪問介護のヘルパーさんにお願いするのは良いですが

大変になってきたからお願いする

というのは大きな間違いです!

 著しく身体機能を低下させる要因です。

これはケアプランを作成するケアマネジャーにも問題があります。

 何も考えずに、利用者から

「最近、掃除が大変でー😅」と言われて

「はい!ではヘルパーさんにお願いしましょう!😔」なんて言ってるケアマネジャーがいっぱいいます。

なんのための介護保険サービスか理解してほしいものです。

 

 

出来るとこはなるべく自分で!

 自立した日常生活を過ごすための鉄則です。

 

何度も言いますが、大変だからお願いするのは

 

自分の身体機能を低下させるということを忘れずに介護保険サービスを利用して下さい。

 

 

シニアライフコーチ

吉村太朗

 

taro529@hotmail.co.jp