元気な高齢者になるための秘訣

元気な高齢者になるための準備は今から!

元気な高齢者になるための生活習慣

毎日が寒い。特に朝、、、

布団から出るのが辛い、、、冬眠するクマの気持ちがわかる今日この頃。
一日の活動量が少なくなってはいませんか?

 

さて今日は元気な高齢者になるために必要な生活習慣について書きます。

当たり前のように過ごしている生活習慣を
ちょっと見直し意識することによって、老後の悩みも解消されて元気でイキイキした老後生活をおくることができます。

 

元気な高齢者になるためには外出習慣を確保することが最も重要となります。


一般的には週に一回以上外出していない場合を「閉じこもり」とされておりますが、今後そのような高齢者はどんどん増えることが予想されます。

行動的な女性や社交的な方は特に問題なく外出できるかと思いますが、高齢男性はなかなか外出習慣を確保するのは難しいという方は多いのではないでしょうか?

 

自宅での閉じこもりは体力低下のみならず脳の刺激も少なくなり認知症リスクも高くなり、老化が進行する一方です。ちなみに新聞をよんだりテレビのクイズ番組をみているだけでは脳の刺激としては足りません!

 

脳が最も活性化される瞬間は外出して人として会っている時。

そう考えるようになった背景としては、私自身が高齢者の介護施設で勤務してきた中で自宅で引きこもり気味だった高齢者が外出習慣を確保することにより、表情も明るくなり、みるみる元気になっている姿を見てきたからです。

 

外出習慣を確保することによって元気な高齢者になれる3つのポイント。

①筋力の維持・向上できる


外出するということは、自ずと歩くことになります。
家の中を少し歩くのとは違い外出すると、ある程度の距離を歩くことになります。
そしてお日様にあたることにより骨への刺激にもなります。

 

②ぐっすり睡眠


よく眠れないという悩みをかかえる高齢者の声がありますが、根本的に適度な運動と外の空気を吸わないと年齢問わずに眠くなりません。
身体の中の空気の入れ替えをして、しっかり体内時計をリセットする必要があります。

 

③脳の活性化


実際に自宅に引きこもり気味だった高齢者が外出習慣を確保することによりココロもカラダも元気になります。

老後生活は家でゆっくりテレビをみながら
のんびり過ごすことも良いですが
のんびり過ぎるとドンドン老化してしまいます。

 

f:id:taro529:20180114112453j:plain

外出習慣を確保することにより

何歳になっても元気で

周りの人からは「なんでこんなに元気なんですか?」と声をかけれれるでしょう。
そして、なによりも自分らしく老後生活を過ごすことができます。

 

まず今日からはじめられる一歩としては外出する場所を探し出すことからです。

行きたくないところに無理して行く必要はありません。

どこでも良いです!

図書館?映画館?資料館?銭湯?

地域マップなどをみると行きたい場所がみつかるかもしれません。

 

目指せPPK(ピンピンコロリ)

 

 

シニアライフコーチ
吉村 太朗

元気な高齢者になる秘訣 - 自立高齢者専門トレーニング指導

http://senior-life-coach.jimdo.com